愛知県豊川市U邸 編笠門

設計施工木村全伸工務店

京都の作業場にて屋根部分、柱部分を別に作り現場に運輸して組みあわせます

 

垂木設置完了

腕木より上の部分を工場にて組み立てて行きます

腕木:名栗曲り

桁:磨き丸太曲り

垂木:杉曲り削り出し

葺き師さんは長年の経験と技術で確実に作業を進めていきます

製作現場 行程

椹(さわら)こけら葺き作業

軒付け隅の収まり。角が開いて見えないように斜めにつなげてあります

一枚一枚竹釘て止めた後、かんなで先を揃えます

葺き師さんが水切り銅板を自在に加工して行きます

軒付け部分が出来上がり優雅な曲線が出てきました

曲面部分の銅板水切り

銅板水切り設置完了。

へぎ板設置完了

名栗曲り

垂木
杉削り出し